新年あけましておめでとうございます。今年も何卒、よろしくお願い申しあげます。昨年はナウトジャパンにとっては飛躍の年となりました。商品発売から約2年で、導入企業様も日本国内で500社を超え、多くのお客様の車両の安全な運行をサポートさせて頂いております。ご採用いただきました企業様、及び販売・保守に関っていただいている皆様に心より御礼申し上げます。

また、導入から1年以上たったお客様の数も増加しており、その中の多くのお客様にて効果を実感いただいております。実際に、昨年中に導入事例インタビューをさせていただいた企業様からは下記のようなお声をいただきました:

“ナウトを導入してすぐに、前年比60%まで事故を減らすことができました” (株式会社 日東フルライン、井の下社長)※インタビュー記事はこちら

“弊社で最初にナウトを5台導入した際、過去5年で数回程度の事故歴がある従業員数名に積極的に活用しました。導入後は、そのうち1人も事故を起こしていません。これは偶然ではなくて、確実に事故防止効果があることの証左であると考えています。” (株式会社エス・ティー・エス、篠崎社長)※インタビュー記事はこちら

“ナウトでの管理を徹底したことにより、事故は削減し保険料も大幅ダウンしました。フリート保険の割引率も30%進行し(単年度の進行幅の最大値)、1000万円近いコスト削減効果がありました。” (株式会社サントス、山本社長)※インタビュー記事はこちら

ナウトを導入した企業様全体においても、2019年11月のドライバーの1時間あたりのわき見件数と、同じドライバーの2020年11月のわき見件数比較したところ、実に45%の減少を確認しています。確実に事故の原因となるわき見運転を、リアルタイムに警告音で指導することにより、確実な効果を導入企業様に実感いただいております。

また、上記のわき見運転への警告による事故削減に加えて、ナウトでは喫煙、シートベルト未着用、携帯電話保持など、複数の検出を同時並行的に行うことができるAIソリューションを次々に開発し、実装してきました。

車載器の設計製造から、AIの開発までを一気通貫で行うナウトならではのスピーディーな機能追加により、2021年にも多くの機能をご案内していきたいと考えています。

安全なトランスポーテーションを実現する、というナウトのミッションを、今年もより一層、全社員一丸となり推進して参りますので、本年も変わらぬ御愛顧、また御指導を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。