Nautoのロゴ Nautoのロゴ

モビリティをもっと安全に、もっと効率的に

「Nauto」の最先端AIで、
日本の自動車社会に変革を。

Nauto(ナウト)は、米シリコンバレーに本社を置くAI(人工知能)開発企業です。わき見運転をリアルタイムで検知できるシステムを2017年に世界で初めて実用化して以来、AIを活用した安全運行管理のパイオニアとして業界を牽引しています。
AIの力を活かし、まずは交通事故を低減させ、将来的には都市環境も含むモビリティ全般をより安全にすることによって、誰もが安心して暮らせるサステイナブルな暮らしの実現に向けて貢献していきます。

私たちの強み

  • アイコン

    技術力

    NautoのAIは、世界のトップエンジニアが集うシリコンバレーで自社開発され、その先進性は大手自動車メーカーや世界有数のベンチャーキャピタルに評価されています。また、2022年にはForbes誌が選ぶ「AI 50」に選出され、Business Intelligence Groupから「Artificial Intelligence Excellence Award」も受賞しています。

  • アイコン

    専門性

    Nautoには、PARC(パロアルト研究所)のニューラルネットワーク研究員、マッキンゼーのコンサルタント、スタンフォード大学での交通分野の教授といった経歴を持つ創業者Stefan Heckをはじめ、AIやITの各分野で経験豊富なメンバーが多く参加しています。

  • アイコン

    実績

    NautoのAI搭載型安全運行管理プラットフォームは、2018年に日本国内での販売を開始して以来700社以上に導入されており、AIの精度に直結する実走行データ量は35億km分を超えています*。 また、2022年にはフォルクスワーゲングループとゼネラルモーターズへのOEM供給も開始しています。
    *2023年8月現在

【交通安全ニュース解説コラム】第66回 交差点での車両相互事故を防ぐには

みなさんこんにちは、ディ・クリエイトの上西です。滋賀県大津市で保育園児たち16人が死傷した事故を、覚えている方はどれくらいいるでしょうか。あの事故から、先日で丸5年になりました。月日が経つのは本当に早いものですね。でも、 […]

詳しく見る ▼
【交通安全ニュース解説コラム】第65回 ウィンカーちゃんと出してますか?

みなさんこんにちは、ディ・クリエイトの上西です。 先日、運転をしていて、あることが気になりました。それは、ウィンカー(方向指示器)を出さずに進路変更をしたり、曲がったりする車が多いということです。先日は、前を走行する車3 […]

詳しく見る ▼
【交通安全ニュース解説コラム】第64回 外国人ドライバーの受け入れに向けて

みなさんこんにちは、ディ・クリエイトの上西です。 突然ですが、みなさんは「特定技能制度」を知っていますか。一定の専門性や技能を持つ、即戦力となり得る外国の方々を、労働者として受け入れる制度です。今年4月から、この「特定技 […]

詳しく見る ▼