全米安全評議会(NSC)の推計によると、コロナ禍による外出自粛の影響があったにもかかわらず、 2020年上半期、米国での自動車事故による死亡率は20%上昇しており、半年ベースの実績としては1999年以来、最大の上げ幅となっています。 この指標には車社会の実情が投影されているため、多くの車両運行管理者や安全運転指導者にとって自社ドライバーや路上の第三者の安全確保が、ますます重要かつコストのかかる課題となっていることが読み取れます。

全米安全評議会(NSC)による2020年度の死亡事故率の推定値:上半期は20%増加

これまで、車両保有者である法人のニーズを満たす市販ソリューションは多くありませんでした。しかし、人工知能(AI)を搭載した新技術を活用することで、ドライバーのプライバシーを守りつつ、運転状況をリアルタイムで把握し、指導できるようになります。この革新的な AI搭載型の安全運行管理ソリューションを活用することで、より安全でスマートな運行管理を実現し、ドライバーや周辺車両の安全を守ると共に、損害賠償責任を最小限に抑えることができます。

車両の安全運行管理を支援するナウトのAI搭載型ソリューションで、ドライバーに安全運転を促す4つの方法をご紹介します。

1.衝突事故の芽を摘む

わき見運転は、メール、通話、食事、眠気、さらには書類に目をやるなど様々な形で発生します。商用車のドライバーによるわき見運転の撲滅は、路上の安全に不可欠な要素です。すべての車両に同乗してドライバーを監視できない車両運行管理者に代わり、完全リアルタイム対応の安全運行管理プラットフォームがわき見運転を瞬時に検知し、運転に集中するようドライバーを指導します。

2. 高リスクドライバーを特定し、指導

車両運行管理者が有リスクイベントの全体像を理解することができれば、運転指導の質は格段に改善されます。安全運転の推進に活用できるリソースは複数あり、運転に集中するよう自動警告するリアルタイムアラートのほか、車両運行管理者はクラウド上にアップロードされた映像や関連イベントデータ(速度、位置情報、イベントの重篤度、ドライバー情報)も利用することができます。わき見運転行動、安全スコア、実際に起こった高リスクイベントのデータを積極活用し、危険な瞬間を「指導の機会」に変えることで、ドライバーの再発防止意識を高めることができます。

3. ドライバーを褒め、インセンティブを与える

車両運行管理実績のさらなる底上げを図るには、インセンティブプログラムも効果的です。ドライバーが切磋琢磨してランキングを競い合い、日々の運転習慣を振り返ることで、意識を高めることができます。車両運行管理者は、個人やチームごとの成績、類似車種グループごとの成績を比較できるため、週次、月次、年次レポートでの分析に役立てることもできます。

4. 安全運転企業としてのブランドを確立する

安全運転の輝かしい記録を樹立し、ドライバーの安全を自社の中核理念に掲げることで、ドライバーの採用・人材維持、お客様からのリピート増につながるブランド力を得られます。修理回数や損害賠償の件数を減らし、より多くの車両を走行させることが、車両運行管理の理想形です。「安全第一」を標ぼうする企業としてその記録を公表し、長期にわたる信頼とロイヤルティにもとづく関係性を顧客と構築することが、競合他社との差別化につながります。

適切な情報と車載のテクノロジーがあれば、わき見運転や無謀運転の防止という目標を達成できます。ナウトの安全運行管理プラットフォームは、マルチタスク型の畳み込みニューラルネットワーク(CNN)モデルを活用した唯一の車載のテクノロジーです。ドライバーの運転行動、交通状況、車両の挙動、その他の重要コンテキストデータにもとづくリスクを同時に、完全かつリアルタイムに評価し、リスクの高い運転イベントを予測、予防します。その結果、商用車にかかる経費を削減し、ドライバーの命を守ります。

ドライバーの安全強化に関する詳しい情報は弊社までお問い合わせください。