ナウトはながら運転だけではなく、あおり運転(車間距離不保持)に対してもリアルタイムに検出し、車内で警告を出す事ができます。人工知能(AI)をドラレコに搭載し、車内と社内の両方でのドライバー指導ソリューションを提供しています。

  •  自動指導(車内での指導):車内でのアラート「リアルタイム警告」でドライバーに指導を行うことにより、運転方法をリアルタイムで修正します。
  •  高度な指導(社内での指導):ナウトのウェブアプリ(安全運転管理アプリ)にあるイベント画面において、あおり運転の内容(車間時間や継続秒数)と画像を確認することができ、運転管理者の効果的な指導をサポートします。

あおり運転:ナウトのリアルタイム警告

あおり運転の現状

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、2016年に発生した自動車衝突事故の47%が追突事故であると公表しています。ドライバーが安全運転を心がけ、前方車両との車間距離を安全に保つことで事故の多くを防ぐことができました。

エッジAIでリアルタイムの安全運転管理

ナウト車載機は、コンピュータービジョンと独自の機械学習アルゴリズムが組み込まれている取り付けも簡単な車載機です。危険性の高い挙動をリアルタイムで検知し、警告することで直ちにドライバーを指導します。2018年にわき見運転に対するリアルタイム警告を提供してからは、 車種を問わず、わき見運転を50%以上削減しています。現在は、車両前方向けカメラに機械学習(ML)アルゴリズムを搭載し、検知機能を強化することであおり運転の防止に取り組んでいます。ナウト車載機の組み込みAIアルゴリズムはセンサーフュージョンを活用し、ドライバーの前方車両との距離を認識および測定します。測定した距離とリアルタイムのスピードデータを基に、アルゴリズムが車間時間、または2台の車両が同一基準点を通過する際の時間間隔を動的に算出します。その後、算出された時間や間隔を基に、車内でリアルタイム警告を発することで後続車両との距離を安全に保つように促します。

あおり運転:安全運行管理アプリのあおり運転イベントレポート

安全運転管理インサイトの強化

ナウト車載機は、車内リアルタイム警告によるドライバー指導のほか、運行管理者に向け、危険挙動をナウトのウェブアプリ(安全運転管理者アプリ)に自動アップロードします。運行管理者に実用的なインサイトとあおり運転挙動を反映した独自のベラスコア(視覚強化型のリスク評価スコア)を提供することで、運行管理者は必要に応じた車両の安全管理と、指導の機会を迅速に特定することができます。

ナウトは、車内と車両前方の運転リスクをリアルタイムで把握する先進的なセンサーフュージョン技術を活用し、車両安全の向上における技術革新に継続的に取り組んでいきます。今後もインターネットを経由したシステムアップデートによる、機能の強化を予定しておりますので、引き続きご注目ください。ナウトのリアルタイム危険運転検知機能および指導にご興味がある方は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。